プリマヴェーラについて
平成17年の12月に結成したばかりの新しい団体です。
会の名、プリマヴェーラとはイタリア語で春のことですが、津軽の長い冬の後に訪れる春のように、生気に満ちた演奏をしたいと願ってつけられました。

そのためにはアンサンブルの研究も欠かせません。楽譜を正しく理解し、純粋に音楽的なものを求めて行きたい、また、従来のマンドリン合奏の固定観念にとらわれず、マンドリンアンサンブルの可能性を探求して行きたいという思いから研究会という名前にいたしました。素人でも、きちんと勉強して行けば、音楽の本質に近づくことができるということを、アンサンブルを通してみんなで体験できればと思っています。

また、研究会なので他団体からの参加も自由です。現在、ピッコーラ・マンドリーニ、弘前マンドリンアンサンブル、弘前大学マンドリン部からも、勉強したい方が練習に参加しています。楽譜から聞こえてくる作曲者の声に耳を傾けてみたい方、今よりももっと技術を身につけてみたい方、一緒に勉強したい方は大歓迎です。

弘前ではまだまだ知られていないマンドリンのオリジナル曲の紹介とクラシックの編曲ものなど、新しいレパートリーの開拓を目指しています。

ホームページでは活動の紹介、会員間の情報交換の場にしたいと考えています。どうぞよろしく。